So-net無料ブログ作成
検索選択

これでもか急性副鼻腔炎 [アタシ]

耳鼻科の定期検診に行ってきたんだけどね。。。

弱い薬になったー!と喜んでいたのもつかの間。

強い薬に戻されてしまった。



うーむむむ。

「辛くなったらすぐに来て」って。



うーむむむ。

なかなか良くならないなぁ。



携帯電話更新】<終>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:暮らし・健康

急性副鼻腔炎 [アタシ]

土曜日からずっと、病院めぐりをしてました。



金曜の夜、突然の激しい割れるような頭痛に襲われまして。

右のこめかみがとにかく痛い。バファリン飲んだって全然治まらない。

その夜は痛みでロクに寝られずに朝を迎え、微熱もあったので風邪だろうと、とりあえず内科へ。

風邪薬を処方されて、「痛むときに飲む薬」をすぐにのんだものの、あまり改善せず…

そのうち、こめかみから頬、上顎まで広がった激痛で、思考能力も麻痺したかのような状態に。

前日の睡眠不足も手伝って、早々に布団へ…が、結局は痛みでやはりロクに寝られずじまい。

翌日は日曜日にも関わらず、結局満足に寝られずに朝早く起きて悶々としていた時に気付いた事実。



右奥歯の感覚が全くない。



まるで、虫歯治療の時に麻酔を打たれたあとに舌でつついたときのような感じ。

違うのは、歯の感覚はないのに、歯の根っこ部分にはこめかみから続く痛みがある。

…っつーことは!

頭痛の正体は虫歯か!歯根のあたりか!神経やられたとか、そんな感じだな??…ってことで、

幸い、日曜でも通常診療を行っている大きな歯科が近所にあるので、迷わず行きました。

歯科は苦手とか、治療が嫌いとか、普段の私なら絶対に二の足を踏む歯科ですが、

この時ばかりは迷わず!でしたね。いかにこの頭痛が辛かったかがわかります。。。



で。



診断結果は。

全く逆の、シロでした。

レントゲン撮って隅から隅まで調べてもらっても、虫歯なんて一本もあらず。の全く異常なし。

ホントは虫歯がなくて喜ぶべきなんだろうけど…うーん複雑。

せっかくなので、予定にはなかった口腔外科の先生にも診てもらったんだけど…シロ。

とりあえず、「内科から処方された解熱鎮痛剤より効くと思います」という薬をいただいて帰宅。

まだこの頭痛と寝不足が続くのか…とテンション↓だったものの、

歯科の薬(抜歯後の痛み止めの薬?)はかなり効いたようで、頭痛は半減。

寝不足も手伝って、やっと満足に寝られたのが、昨日の夜の話。



そして今日。歯医者から「もしかしたら耳鼻科かも…」と言われていたので、

鼻中隔湾曲症の時にお世話になった耳鼻咽喉科へ朝イチで行き、

問診と視診触診、レントゲンで、あっけなく謎の頭痛の原因が診断されました。



「急性副鼻腔炎」。



すごーく簡単にいうと、鼻の中で細菌感染が起きて膿みが溜まった。と。

その膿みが溜まった場所が、奥歯の根っこと近く、歯の神経を刺激して痛みや麻痺をおこしてたと。

ついでに言うと、レントゲンから「全体的にヒドい炎症を起こしてる」という状態らしい。

まぁ素人の私が見てもすぐわかるくらい、自分の右半分は目の横から歯茎の上まで真っ白でしたね…。



でもでもでも!

原因がわかって一安心しました。

今まで体験したことのないくらいの激しい頭痛だったので、脳梗塞とか本気でよぎりましたし。

ましてや歯の感覚が完全麻痺しつたのでなおさら。

まさか、耳鼻科関係の病気で、歯に症状がでるのがあるとは思ってもみませんでしたね。。。



何はともあれ、なんとか原因がわかって良かった!

まだ痛み止めの薬で症状を抑えてる状態には変わらないものの、

精神的にはかなり楽になりました。

歯の感覚も少し戻ってきたので、食事も柔らかいのしか食べられなかったのが、

ご飯くらいなら食べられるようになったし。

ひたすら頭痛に耐えた時間はホントに長かった!

あれはもう二度とごめんなので、慢性化しないように、とにかくしっかり治します。

お疲れさまでした~(汗)



携帯電話更新】<終>
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:暮らし・健康

シューマッハ復帰!!! [アタシ]

今速報で見たんだけど…

噂ではなんやかんやといろいろ言われていたけど、

マッサの代役がシューマッハで決定って[モータースポーツ]フェラーリ公式ホームページに更新されたみたいで。



うわーっうわーっうわーっっっ[あせあせ(飛び散る汗)]

ちょっとテンション低下気味だった今シーズンが断然面白くなっちゃったかもーっ[あせあせ(飛び散る汗)]



8月23日の[モータースポーツ]F1ヨーロッパGPは、[夜]深夜中継だろうが[眠い(睡眠)]眠かろうが何が何でも見ねばっ!!!



携帯電話更新】<終>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

つぶやいてみる。 [アタシ]

あぁ。

気がつけば、半年も空いてしまった。



子ども小学校入学し、進級し、

やっと落ち着いたきた毎日。



もひとつのメインブログは真面目に更新してるんですけどね。

そっちの方が携帯更新がメインになっちゃったもんだから。ついこっちは。。。はは。。。



最近…仕事はじめました。

パートです。

約十年ぶりの外仕事。

仕事…大変だけど楽しい。やっぱり外にでるのは鬱な部分もあるけど、楽しい。

唯一の嫌なのは、車に乗る機会が減っちゃったことかな。



たまには、また海に行きたいなぁ。

海に行って、一度思いっきり叫んでみたら吹っ切れるかなぁ。



あ、やべ。

ちょっと乾いてるかも。私。(苦笑)



はやく、とけるような暑い夏がこないかな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年もあと少し。雑感。 [アタシ]

気がつけば、
あと3日で、
今年が終わります。

今年が良かった年なのか、
はたまた悪かった年なのか。

少なくとも、
健康的には決して良くはなかった年だったと思ってます。(笑)



来年は、
どんな年になるのでしょうか。

最近思うのは、
「良い年を願えば願うほど、反比例にはたらく」
と年を追うごとに、
痛感しております。



世の中、
食事もままならない子ども達が、
今、この瞬間さえも、
苦しんでいる。
そう思えば、
米一粒でも、
その日に食べられるものがある。
そういう環境にあるだけでも、
ありがたい。
と、
そう思うわけです。

以前からこのブログで公言しているとおり、
違うところで、もう一つブログを運営しております。
実は、そっちにチャリティリンクを、たくさん貼っています。
そんなことで、
少しでも役に立てればいいと、日々思っているのですが、
それでさえ、
世界の中のアリンコ程度の大きさでしかならないのが、
とても、悲しいことです。



そんなわけで、
来年は、
大きなことは望みません。
ただ、小さな尺度でもいいので、
幸せを感じる年であれば、と思います。
そして、
1人でも多くの子ども達の命が、少しでも未来に繋がる年であれば、
そう思います。

そんな感じで。
良いお年を。(^o^)/




デジタル一眼レフ超入門 実践編―5日間で写真が上達する! (Gakken Camera Mook)

デジタル一眼レフ超入門 実践編―5日間で写真が上達する! (Gakken Camera Mook)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2008/12
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

区役所に申請 [アタシ]

高額医療費の申請に、区役所に行ってきました。

いくら戻るのかと思ったら、
私の内職代のおよそ二月分が戻るようです。
病院で払った入院費は、既に医療保険でまかなえているので、
変な話、臨時収入のような感じです。

だからといって、仕事しない訳にはいかないので、
これから内職がんばりまーす。(^_^;)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

高額療養費のお知らせ [アタシ]

今日ポストに、区役所から高額療養費の申請についてのお知らせが入ってました。

診療年月は8月。入院した月。
確か入院前に、区役所に対象になるか確認の電話をしたのだが、
その時に計算したら、予想される入院費が、対象金額には届かなかったので、諦めてました。

あの時に私が計算違いをしていたのか、ちょっと不思議な気もするが、
まぁ区役所まで申請しに来いというのだから、少しは戻ってくるに違いない。
今月中に申請すると、戻ってくるのが早いらしいので、さっさと済ましてしまおう。

ちなみに、入院前に区役所で確認したときに聞いたのは、
横浜市では、入院費が確実に高いとわかっている場合は、
あらかじめ区役所で事前申請しておけば、
入院費を支払う段階ですでに免除された金額で済ますことができるし、
対象になるか微妙だから、事前申請するのもなぁ。もしくは制度自体知らん。という場合でも、
対象になれば、後日区役所から「対象になってるから申請してね」と通知を送ってくれると。
だから私も、退院しても特に問い合わせしないでいたし、
結局、正に今回の私はこのパターンであったと。

それにしても、いくら戻ってくるんだろう。
申請したモノの、結局数百円程度だったら、今のご時世ガソリン代の方が高くついたりして。
せめてお札になるくらいの金額だったらいいんだけど。

ま、何もないよりかはマシか。(^_^;)

タグ:高額療養費
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鼻づまり入院日記 入院8日目 [アタシ]

☆入院八日目 退院当日 8月21日(木)☆

前日寝過ぎたせいで、やっぱり寝られなかった朝でした。(^_^;)
ついに退院当日です。

長かったような短かったような。
確かに痛かった。予想より痛かった。

……けど。

結論は、やって良かったです。


横浜労災病院も、
病棟を確かによく見るとボロが見えるけど、
とにかく掃除が行き届いていて、清潔感がとてもある。
看護師さんも親切な人が多く、少しのことでもちゃんと説明してくれたので、
居心地が良かったです。
主治医の0先生も女医さんなので話しやすく、安心できました。


9時半に、看護師さんが退院後の注意などの説明に来まして、
・頭を下にしない
・風呂は×
シャワーはぬるめ
・お酒は1ヶ月は×
・鼻の中の乾燥を防ぐため、綿球は必ず鼻の中入れる。外出時はマスクでOK
などなど。
それから、もし鼻血が出始めて、なかなか止まらなかったら、
すぐに救急に電話してくださいとのこと。
うーん。風呂には気を付けよう。(--;)
そして最後に、入院費。
診断書などの費用込み込みで、137,000円。思ったより安くすみました。

退院して外を出たら、なんとも暑いこと。
外の世界はこんなに暑かったのか。うそー。
もーちょっと入院したかったなー。(苦笑)


まだ綿球で鼻の穴に栓をしている状態なので、呼吸は満足にできませんが、
とりあえず治療を受けて良かったなと思っています。
ただ、保険会社によって、手術給付の対象になったりならなかったりと、
費用を考えると、他の病気に比べて、ちょっと辛いところがあるかもしれません。
放っておいても命に関わることではないからなのでしょうか。
私の契約している生協は、鼻中隔については対象、下鼻甲介切除については対象外、
民間の保険会社は、両方とも対象外でした。
入院保障がきいたので少しは補填されるますが、主婦にとっては辛いところです。
でも、今後の人生を考えると、やっぱりやってよかったなー、と思います。



最後に…
鼻中隔湾曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)と肥厚性鼻炎(ひこうせいびえん)の私が、
鼻中隔矯正術と下鼻甲介切除術の入院7泊8日、手術で必要と思われたものをUPします。
入院や手術に一般的に必要なものは外してますので、
それは他のHPを検索して調べてくださいね。

・マスク
 これは、入院前に看護師さんにも言われました。
 入院中は、ほとんど鼻呼吸ができませんでした。
 そのために口呼吸が主となるので、特に就寝時に喉を乾燥から守るために絶対に必要です。
 それから、鼻に詰め物をしているのと、手術後しばらくは鼻が腫れて一回り大きくなるので、
 見た目を気にする人は、病院内を動くときにマスクをするのがオススメです。
 ここで注意するのは、できれば使い捨てが良いと思います。
 何故かというと、
 鼻からは常に分泌物が出てきます。
 それを、綿球という小さな玉を鼻の入り口に詰めて、分泌物を吸収させますが、
 綿球は適時交換しなければならず、
 就寝時など交換せずにいると、綿球で吸収しきれなくなった分は分泌物が染みだしてきてしまい、
 頬を伝ってマスクに染みついてしまいます。
 そのため、特に手術から日数が浅いときは、マスクが汚れやすいと思って良いと思います。
 もちろん、普通のマスクがたくさんあるとか、都度洗濯するからいいって人は別ですが、
 洗濯などが面倒な人は、使い捨ての方が、衛生面でもいいと思います。
 それから鼻が腫れているので、マスクをした際に鼻を全部覆える大きめサイズがオススメです。

ティッシュペーパー
 基本的に鼻がみ禁止なので、一見そんなに必要ないようにも思えますが、
 綿球交換の際に、必要です。
 私は、退院するまでに1箱使いきってしまい、2箱目でした。

・手鏡
 綿球に違和感があったときに、分泌物が染みてきているか確認するのに必要。
 他にも、念のために鏡を見たら、実は染みてきてて慌てて交換!なんてことがありました。

・本とかゲームとか
 基本的には、手足は元気です。
 が、手術してすぐは活動制限が入るので、少しは持っていった方が便利。

・スーッとしない歯磨き粉
 口呼吸の状態でミント系の歯磨き粉を使って歯磨きすると、
 喉がかぁ~~~っとしゅわ~~~っとなります。(^_^;)←ビミョーな表現でスミマセン
 私は、入院中の歯磨き粉は問題ありませんでしたが、
 退院してから自宅で歯磨きをした際に、かぁ~~~っとなりました。(T_T)
 入院前にぜひ一度、鼻栓しながら歯磨きして確認してみて下さい。(T_T)

・飲料水
 夜、とにかく口乾燥を防ぐために、まめに飲みました。
 口の中がカラッカラに乾燥して自然に起きちゃうんですね。
 その都度、サイドボードに置いてあるペットボトルのお茶を口にしてました。
 他にも、起きているときも水分を補給することが多くなるかもしれません。

リップクリーム
 今回の入院では必要ありませんでしたが、
 もし冬場の乾燥する時期だったら、必要かと思います。
 とにかく「夏場でさえ、夜は口が乾燥した」ということです。



冬と夏では、違いがあると思います。
また、アレルギーを起こしている時だと、分泌物の量がまた違うと思います。
私の場合、湿り気のある夏、そしてアレルギーが少し出ている程度の時期でした。
それを踏まえてご参考にしてください。

まだ3ヶ月くらいは通院が必要らしいです。
ちょうど年越し頃どうなってるか、不安であり、とても楽しみでもあります。
ただ、鼻の中が元通りになるまで鼻の中を乾燥させてはいけないとのことなので、
時期的には夏で良かったのかなー、と思ってます。

今回、7泊8日でしたが、
世の中では、格安の日帰り手術、1泊2日もあるとのこと。
入院しながら思ったのですが、
鼻の中の状況を考えると、私の場合は日帰りはとても無理と思いました。
もちろん、日帰りで帰宅しても、面倒みてくれる人がいるならいいですが、
子どもがいて、つい忙しくしてしまう主婦にはちょっと難しいかなーと。
手術後から発熱もしたのもありますが…。
それから全身麻酔も、相談すれば局所麻酔に変更できたとのこと。
ただ、自分の骨をゴリゴリしているのを数時間体験するのは私はイヤ。(笑)
ここら辺は、人それぞれなのでしょう。



追記
今、退院1ヶ月半たち、
鼻はかなり快適に通ってます。
ただ、これからの花粉・アレルギーの季節。どうなるか。
下鼻甲介切除術をしているので、数年は「何もしないよりかはマシ」となるようです。
が、実言うと、
現在、何かに反応して、鼻づまりはしないまでも鼻水が出て来るという状況です。
定期検診時に指摘され、アレルギーの薬も処方してもらってます。
しかしながら、例年この季節にはすでに鼻づまりの時期となっていたので、
反応があるとはいえ、鼻が通っているというのは奇跡に近いです。
そういう意味では、効果抜群。と言えます。

これから本格的なシーズン突入してからが、気になりますが、
今のところは、すごい。という感じでしょうか。

今、治療をどうするか悩んでいる人は、
ぜひともご検討下さい。
ただ、個人差があるということを忘れないよう。
健闘を祈ります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鼻づまり入院日記 入院7日目 [アタシ]

入院七日目 8月20日(水)☆

ついに入院一週間目。
はじめて昨夜熟睡でき、スッキリした朝を迎えました。
鼻から少し息ができるようになったから…というのではなく、
単に、寝不足がたまったためでしょう。。。(^_^;)
朝目覚めたら、乾燥を防ぐためにしていたマスクが外れてて、喉が痛かった。(^_^;)

この日も診察は鼻の中の吸い出し。
さすがにこの2日間、かなりの量を吸い出しているので、
今までより量が減ってきてます。
やっと涙目にならずに診察受けられました。
そしてこの診察で、明日の退院が正式に決定。
早いような短かったような。

ならば。
と昨日に引き続きシャワー
退院当日は、なるべく自宅でノンビリしたいと思ったので、
浴びられる時間があるならば、とお風呂に入りました。
シャワーの温度は昨日より少し暖かめ。
もちろん熱くはなく、あー全く熱くないシャワーの温度だねって温度。
…だったんだけど、
シャワーから上がって鏡を見てビックリ。
しっかり綿球が真っ赤に染まってました。
原因はシャワーの温度なのかよくわからないけど、
結果として出血してしまった以上、当分は温度管理に相当気を使わないとなー。(涙)

夕方に、剣友会のお母さん二人がお見舞いに来てくれました。
基本的に、お見舞いされないように今回の入院は必要最低限にしか告知していなかったので、
お見舞いの人が来るとは思いもよらず、ビックリです。
とはいえ、この二人に関しては、
地元の耳鼻咽喉科から紹介状を書いてもらう際に、病院を選ぶ際に相談してた人なので、
病院名も入院日時もご存じ。
お見舞いに行くと言われたので、一旦は断ってはいたんだけど、
いざ来てくれると、やっぱり嬉しいものです。
お見舞いにいただいたバームクーヘンは、
同じ病室内に食事制限の人がいたので、その場では食べられなかったけど、
退院後にすぐに食べました。
甘いモノが食べたかったので、すごく美味しかった~。

夜、事務の人が来て、入院費のおおよその値段と支払方法を教えてくれました。
約150,000円。
7泊8日だったので、事前に調べたのとだいたい同じかな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鼻づまり入院日記 入院6日目 [アタシ]

入院六日目 8月19日(火)☆

相変わらず夜寝られず。
術後の鼻づまり感はこのころがピーク。
鼻の中にたまる血の固まりが鼻を完全にふさいでしまい、
しゃべるのも、「だ」「ま」などの、鼻に空気を送る発音の言葉が出ない。(^_^;)
食事も、口呼吸の上、口から入る空気が鼻から逃げられないので、一緒に胃の中へ。
そのために、おならがよく出て、お腹が張ってしまった。

今日の診察は午後なので、
午前中にベッドに顔を出してくれた主治医に聞いたら、お風呂OKとのこと。
ただし、頭に血が上るので、
お湯につかるのと、熱いお湯でシャワーを浴びるのと、下向きになるのはNG。
お風呂の予約を午後イチに入れて、ぬるいお湯でシャワーを浴びてきました。
久しぶりのシャワーはサッッッッッパリ。
頭も2回洗ったので、予定時間を少し過ぎてしまった。
けど、次のお風呂の予約は1時間後だったので、問題はなし。

午後の診察。
鼻の中の血の固まりの吸い出し。
小さな掃除機を鼻の中に入れているようなものなので、
掃除機の先が鼻の中にピタッとくっつくのがとにかく気持ち良い物ではなかった。
が、それが終わると、鼻の通りが格段に良くなるんですねー。
このころから、綿球を鼻に入れても、少し鼻が通るのを感じることができるように。
治ってると実感が涌いてきた日でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。