So-net無料ブログ作成
検索選択

涙… [ケータイ更新]

先週末はモータースポーツジャパン、今週は長男の文化祭に次男の運動会!



と、ブログ更新する予定だったんですが…

心が宙ぶらりんのまま。。。もうどうにも自分の中が整頓できない状態です。。。



火曜日夜に、長男の小学校時代からの友人が、突然の事故で他界。との一報。

小学校は2クラスで毎年クラス替えしてたので、当然知った仲、

中学でも、今年中2でクラスメイトになり、かつ今年度から入部したパソコン部仲間。

あまりに近すぎる長男の仲間の当然の訃報…

私も一報を聞いてから、何か心が違うところに行ってしまっている感じです…



中学では、翌日から保健室を解放状態にし、カウンセラー常駐にして対処したものの、

一部の親しかった友人達は、一日中保健室で泣いていたと。

その日の保健室は、終日友人たちの涙で溢れていたそうな。

長男は保健室には行かずにクラスで過ごせていたとのことだけど、

先生に聞いた話だと、朝や帰り際など、少しのきっかけでクラス全体が涙で溢れるんだ、と。



そんな感じで迎えた木曜日の文化祭合唱発表当日。

私も気持ちがまとまらないまま見に行った中学校

長男のクラスの番。ステージでは、その子がいるはずだった場所が、ぽっかり空いていて。

悲しすぎて、辛すぎて、言葉が出なくて。

ここまで長男が見ていないところで散々泣いて涙出し尽くしたと思ってたんだけど。

普段通りに歌おうとする姿に、頑張れ!頑張れ!と心の底で祈りつつ。



昨日はお通夜

最後のお別れ。

小学校の頃から知っているまだ幼い顔が、柩の中で穏やかな表情のまま動かないのが、とても辛くて辛くて。

涙が止まりませんでした。



今日は、次男の運動会と重なり告別式には行けなかったけど、

火葬の時間に合わせたように流れた小学校の校歌は、特別なものに感じた。

空の上に上っていく彼のために歌われているような気がしてならなかった。



涙ってこんなに簡単に出るものだと知った、一週間でした。



この数日、中学2年の多感な時期の友人の突然の訃報に戸惑う長男を見ていて辛い。

本人も言っていたが、どうしていいのか、自分をどう持って行けばいいのか解らないと。

前日まで元気に登校していた彼を見ていただけに、受け入れ難いんだろう。

同じ思いの友人たちと共に、助け合ってこの現実を乗り越えてほしいと思う。



この一週間は、辛い一週間だけしか印象がなかったんだけど、

実は、思っていた以上に強かった「小学校時代の仲間の絆の強さ」、というのに感動した一週間でもあった。

2クラス70人の、バラバラになっても強い団結力…!

亡くなった友人も、きっと天国で喜んでいることだと思う。





ご冥福をお祈りします。

R君…いつまでも、天国からみんなを見守っててね…!

そして、今まで長男と一緒にいてくれてありがとう…!!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。